当社の溶接工事の特徴

S__89866275

溶接には正確な技術と経験が必要となります。一つの溶接のミスが大きな損失を生んでしまいます。西澤設備工業株式会社では、一般溶接から温水管、蒸気管、ステンレスや鉄などにおいても 正確に作業に取り組んでおります。経験・ノウハウを駆使し様々な溶接ソリューション実現に向け日々溶接力を高めております。どんなことに対応できるか、お気軽にお問い合わせ下さい。

TIG溶接

TIG溶接とは、電気を用いたアーク溶接方法の一種です。TIGは、Tungsten Inert Gasの略で、タングステン-不活性ガス溶接の意であり、電極棒に消耗しない材料のタングステンを使用して、別の溶加材(溶接棒)をアーク中で溶融して溶接する方式であり、英語では、Gas Tungsten Arc Welding、略してGTAWまたはGTA溶接とも言います。

仕上がりが輝くように美しく、火が出ないので安全面でもバツグンです。ただ、これを扱う技術と設備が揃わないと完璧な仕上がりには程遠くなります。当社では、この技術と設備により、完璧な仕上がりを実現しています。

施工事例A

各種配管、換気、空調設備工事

西澤設備工業株式会社では、一般住宅の設備からビル・マンションの衛生空調設備工事、フレア加工による加工管製作、換気設備工事など多方面に施工できる体制をとっております。

さらには環境事業として、太陽熱温水器の代理店業務も行っており、活動のフィールドをさらに広げていきます。

当社の溶接工事の特徴